次は世界へ

全国中体連で活躍した本校の松岡紅杏さん(3年)は、昨日、サハリンに向けて出発しました。
第一回アジアの子どもたち冬の国際スポーツ大会参加のためです。
彼女、本来バイアスロン競技に専門的に取り組んでいます。今回は、その本来の競技に参加するためです。
そのため、中体連の北海道チーム団から一日早く離脱したわけです。

選手団代表として選手宣誓をした様子が北海道新聞にも紹介されていました。


早速現地の情報を送ってきてくれていますが、ここ北海道も史上最強寒波に見舞われていますから、当然それより北のサハリンはもっと強烈な寒さのようです。
体調管理をしっかりしてきていますので、日本ではなかなかできない実弾でのトレーニングにしっかり取り組んできて欲しいなと考えています。

引き続き応援したいと思います。

北海道選手団のクロスカントリーリレー種目は男女共4位入賞だったようです。選手団の多くは、本日帰道します。極寒の北海道、体調を崩さないようにして欲しいです。

コメント

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。名前とメールアドレスが必須です。